費用額

電卓

家族同士の話し合いの内容が大切な書類に。

自筆で書いた大事な手紙が、内容をみると遺言だったら、どうしますでしょうか。単なる手紙ととるか、家族への遺言となるのか判断が分かれるところです。お家のなかにつかう大切な書類を、公文書にしてくれるサービスがあります。行政書士の仕事内容は、その遺言や土地登記の名義人になる時などに必要でしょう。このように公証役場や、法務局などへ書類を持参するのも、仕事内容なのです。主に官公庁などへ、提出書類を扱う仕事になります。もし家族のなかに企業や公務員として、長年勤めた人がいれば、分かる内容の書類もあります。しかしその場合にも、万が一のときの為に行政書士に文書化してもらうと、信用が増すでしょう。まず第一は家族同士で、よく相談することから始まります。

あくまで書類作成が中心業務となる行政書士

行政書士の仕事として、文書作成料は、3万円から5万円が安い価格帯の相場になります。またそれは10万円などの、時価相場による場合もあります。もし依頼する側の、扱う内容金額が高ければ、もっと費用は高くなります。それから先程述べたような、手紙のもとが分かる、内容の文書化に際しても安くできるでしょう。それが個人であるか、事業経営にかかわる内容かにも依ります。また行政書士が作る、書類は法的効力の発生する、書類として関わります。そうなると弁護士業務のような、気がしてきます。これに対しての仕事内容は、弁護士とは違い書類作成、に対しての業務をおうことが中心になるのです。つまりは法廷弁護人や、後見人活動が制限されるかたちになります。