便りになる弁護士

メモを取る手もと

交通事故にあってしまった

交通事故に遭ってしまった場合には弁護士に相談してみましょう。弁護士は法的手続きに関するエキスパートですから、交通事故にまつわる法的手続きも代理で行ってくれるのです。例えば、交通事故で必要な法的手続きには示談処理があります。示談書人は、加害者と被害者とのあいだで金銭賠償等を決める話し合いのことです。その話し合いは当事者で行うのではなく、弁護士同士など、代理人で行うことが得策です。そのほうが話がスムーズに進むのです。ですから、加害者になってしまった場合や被害者になった場合でも弁護士に依頼することをお勧めします。まずは、弁護士に依頼してこれから必要となる手続きについて確認するようにすると良いでしょう。

代理人としての選任について

交通事故に遭遇してしまった場合には弁護士を代理人として選任することをお勧めします。そうすれば、それからの話し合いがスムーズに進むのです。加害者と被害者が直接話し合いをしても良いのですが、特に大規模な交通事故になってしまった場合、当事者同士の話し合いが難しい場合があります。例えば、被害者が怪我をして入院してしまったケースが想定されます。そのような場合には、弁護士同士で話し合いを進めることが大切です。弁護士同士で話し合いを絞めることによって、当事者が顔合わせなくて話し合いを前に進めることが可能となるのです。ですから、弁護士に今後の手続きに関する確認をした方が良いでしょう。そうすれば、交通事故以降の話し合いがスムーズに進んでいくのです。